三世代が暮らしやすい地域|土地は実際に行って見てみるのが利口な方法

土地は実際に行って見てみるのが利口な方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

三世代が暮らしやすい地域

男性

進められている開発

熊野町は、人口の多さでは県内では第3位という町です。熊野町の北西は県内の中心都市ですし、南側は戦時中には軍事の要所として栄えていた都市となっています。これらの両都市に挟まれているため、熊野町はベッドタウンとして発展してきています。そのことから熊野町では、祖父母と父母と子という三世代の全員が快適に過ごせるようにと、開発が進められています。医療施設や教育施設はもちろん、公園やレジャー施設など、三世代が交流できる場所も次々に作られているのです。そのため熊野町では、建設地となる不動産の取引がさかんとなっています。さらに、住みよいことから移住者が増えているので、個人での不動産の売買も積極的におこなわれています。

購入のしやすさ

熊野町は、隣接している両都市と比較すると、地価が低めとなっています。具体的には、北西の都市は坪単価が約65万円、南側の都市は約25万円となっているのですが、それに対して熊野町の地価は、約13万円なのです。熊野町から両都市の駅までは、直線コースで10キロ前後しか離れていません。それにも関わらず、地価にはこれだけの開きがあるのです。そのため、安く購入できるという点でも、熊野町の不動産には高い人気があります。また不動産会社も、開発が進められている地域を中心とした不動産を、情報誌やWEBサイトで多数紹介しています。より安く購入できる不動産や、交通の便の良い不動産など、希望に合わせて手軽に探せるようになっているのです。

Copyright © 2017 土地は実際に行って見てみるのが利口な方法 All Rights Reserved.